オカレンス(観察データと標本)

An extreme wandering leopard seal, Hydrurga leptonyx, at Pitcairn Island, central South Pacific

最新バージョン Southwestern Pacific Ocean Biogeographic Information System (OBIS) Node によって公開 2024/01/13 Southwestern Pacific Ocean Biogeographic Information System (OBIS) Node

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 1 レコード English で (4 KB) - 更新頻度: not planned
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (10 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (8 KB)

説明

Leopard seals are distributed around the Antarctic continent principally between 50°S and 80°S though they are known to wander even farther north, particularly to Australia, New Zealand, South America, and South Africa, and several sub-Antarctic Islands. Seasonal movements of leopard seals have been correlated with seasonal changes in the distribution of sea ice with seals moving north as sea ice develops in spring and winter and southward toward the Antarctic continent as it melts in late autumn and winter. On August 9, 2013, an emaciated juvenile male leopard seal was observed swimming in Bounty Bay at Pitcairn Island (25°4′S, 130°6′W). It was found ashore at a boat ramp in the bay the next day. Because of the seal’s apparent distress, it was promptly shot and killed humanely by an island police officer and then dumped at sea before any measurements or additional observations could be made. We estimated the seal to be a 10-month-old pup, about 1.8–2 m long. The appearance of this leopard seal at Pitcairn Island is only slightly farther south than the most northern record (the Cook Islands, 21°25′S, 159°8′W) for the species, but it is the most remote occurrence yet documented worldwide and correlates with the all-time record for sea ice coverage in the Antarctic in winter 2013.

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、1 レコードが含まれています。

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Stewart B S, Grove J S (2024). An extreme wandering leopard seal, Hydrurga leptonyx, at Pitcairn Island, central South Pacific. Version 1.0. Southwestern Pacific Ocean Biogeographic Information System (OBIS) Node. Occurrence dataset. https://nzobisipt.niwa.co.nz/resource?r=leopardseal_pitcairn&v=1.0

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は Southwestern Pacific Ocean Biogeographic Information System (OBIS) Node。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY 4.0) License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 71c8e9e5-3c7e-48eb-889c-9e364bff3dbaが割り当てられています。   Ocean Biodiversity Information System によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているSouthwestern Pacific Ocean Biogeographic Information System (OBIS) Node が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Occurrence; Specimen

連絡先

Brent S. Stewart
  • メタデータ提供者
  • 最初のデータ採集者
  • 連絡先
Author
Hubbs-SeaWorld Research Institute
2595 Ingraham Street
92109 San Diego
California
US
Jack S. Grove
  • 最初のデータ採集者
Author
ZEGRAHM Expeditions
166 Peace Road
33070 Tavernier
Florida
US
Kevin Mackay
  • データ利用者

地理的範囲

Pitcairn Island

座標(緯度経度) 南 西 [-25.08, -130.124], 北 東 [-25.059, -130.087]

生物分類学的範囲

Leopard Seal

Species Hydrurga leptonyx (Leopard Seal)

時間的範囲

開始日 / 終了日 2013-08-09 / 2013-08-10

書誌情報の引用

  1. Stewart, B.S., Grove, J.S. An extreme wandering leopard seal, Hydrurga leptonyx, at Pitcairn Island, central South Pacific. Polar Biol 37, 423–425 (2014). https://doi.org/10.1007/s00300-014-1447-4

追加のメタデータ

marine, harvested by iOBIS