Marine mammal observations from the TAN1802 voyage to the Ross Sea, Antarctica

最新バージョン The National Institute of Water and Atmospheric Research (NIWA) によって公開 Feb 11, 2020 The National Institute of Water and Atmospheric Research (NIWA)

RV Tangaroa carried out a six-week voyage to Antarctica and the Southern Ocean between 9 February and 21 March 2018 with scientists from NIWA and the University of Auckland.

Scientists did a range of surveys to better understand the processes governing this environment and its relevance to New Zealand. These included oceanographic observations, atmospheric observations, whale and benthic habitat studies, along with studies of plankton communities. The whale studies were carried out by the University of Auckland.

The research aims of the voyage were to better understand: * Climate change effects on oceanographic processes; * Marine microbial community structure and function ; * Influence of marine aerosols on cloud formation and properties of Antarctic clouds; * Seabed habitats and fauna inside and outside of the Ross Sea Marine Protected Area (MPA); * The role of whales in the Antarctic ecosystem; * Abundance and distribution of mesopelagic fish found between 200 and 100m deep, krill, and zooplankton

One of the key outcomes of the research will be to generate baseline data required to determine whether the objectives of the MPA are being achieved. The MPA covers more than 1.55 million square kilometres and came into existence in December.

he ship carried 23 scientists and 17 crew. Together their work ranged from taking atmospheric and oceanographic observations and samples, to whale spotting, maintaining the vessel, and cooking meals around the clock to service the 24-hour operation of the ship.

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、79 レコードが含まれています。

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 79 レコード English で (7 KB) - 更新頻度: not planned
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (7 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (8 KB)

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Bowden D, Constantine R (2020): Marine mammal observations from the TAN1802 voyage to the Ross Sea, Antarctica. v1.0. The National Institute of Water and Atmospheric Research (NIWA). Dataset/Occurrence. https://nzobisipt.niwa.co.nz/resource?r=tan1802marinemammalsightings&v=1.0

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は The National Institute of Water and Atmospheric Research (NIWA)。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 5c1606d4-5608-46f0-8bf0-44385cebfbc2が割り当てられています。   GBIF New Zealand によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているThe National Institute of Water and Atmospheric Research (NIWA) が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Occurrence; Observation

連絡先

リソースを作成した人:

David Bowden
Marine Ecologist
NIWA Private Bag Box 14-901 Wellington NZ
Rochelle Constantine
Associate Professor
University of Auckland Auckland NZ

リソースに関する質問に答えることができる人:

David Bowden
Marine Ecologist
NIWA Private Bag Box 14-901 Wellington NZ
Rochelle Constantine
Associate Professor
University of Auckland Auckland NZ

メタデータを記載した人:

David Bowden
Marine Ecologist
NIWA Private Bag Box 14-901 Wellington NZ

地理的範囲

Ross Sea, Southern Ocean

座標(緯度経度) 南 西 [-72.2, -175.88], 北 東 [-41.3, 170.85]

生物分類学的範囲

Marine mammals

Class  Mammalia

時間的範囲

開始日 / 終了日 2018-02-18 / 2018-03-18

追加のメタデータ

marine, harvested by iOBIS

代替識別子 https://nzobisipt.niwa.co.nz/resource?r=tan1802marinemammalsightings